審美・ホワイトニング

審美治療とは

審美治療とは、従来の歯科が虫歯や歯周病などの病気を治す事が目的としているのに対して、美しさと健康の両方を目的としています。
美しい歯や歯肉が、美しい笑顔を生み出します。そうすることで、みなさんの人生をより豊に出来ればと考えております。
審美治療の具体的内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、その他特殊材質による人工歯などがあります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯が昔よりくすんでいる
  • 治療跡や銀歯が目立つのが嫌
  • 接客業なので他人からの視線が気になる
  • 歯が見えるのが恥ずかしい

詰め物・被せ物

  • 虫歯で歯を削った後は、その大きさに応じて被せ物や詰め物を用いて、歯の機能を回復させます。素材や精密さにこだわり、治療後に虫歯を再発させないように努めております。

  • 詰め物の種類

    コンポジットレジン

    歯科用のプラスチックが使われており、虫歯を削った直後に充填でき、保険診療で白い歯にできます。

    セラミックインレー

    セラミックは金属が一切使われておらず、金属アレルギーの患者様も安心です。透明感があり、自然な見た目を演出してくれます。

    • メリット

      • 見た目が綺麗
      • 着色や劣化が少ない
      • 汚れが付きにくい
      • 虫歯になりにくい
    • デメリット

      • 保険適用外(自費治療)になる
  • 被せ物の種類

    メタルセラミッククラウン

    外側はセラミックですが、内側が金属でできています。金属の強度を生かしながら、見た目の美しさを追求できます。

    オールセラミッククラウン

    セラミックのみで作られた被せ物です。見た目の自然な美しさや天然歯に近い強度を持ち、汚れも付きにくいため二次虫歯の予防も期待できます。

    ジルコニアクラウン

    ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれており、美しさと非常に強力な耐久性を持つ素材です。金属アレルギーの心配もなく、長期間にわたって使用できます。

    • メリット

      • 表面が傷つきにくい
      • 長期的に安定している
      • 割れるリスクが少ない
    • デメリット

      • 保険適用外(自費治療)になる

ホワイトニング

  • 歯はもともと白くなくわずかに黄ばんだ色をしています。ホワイトニングとは、歯を削ったり、歯の表面に被せたりするのではなく、安全な薬剤(ホワイトニングジェル)を使って、歯そのものを白くする方法です。

  • オフィスホワイトニング

    歯科医院で、歯科医や衛生士の手で行われるホワイトニングです。高濃度の薬剤を使用するため、少ない回数で効果を実感できます。

    • メリット

      • 即効性があり、1回の施術でもホワイトニングの効果を実感できること
      • 歯科医師が施術してくれるので安心でき、ムラもできにくいこと
      • ホワイトニング前に歯のクリーニングをしてもらえること
    • デメリット

      • 高濃度の薬品を使用するため、人によってはしみるといった症状が出る
      • 保険適用外(自費治療)になる

    ホームホワイトニング

    歯科医院に通わずに自宅でできるホワイトニングです。自分のタイミングで歯を白くできるので忙しく時間が取れない方に向いています。

    • メリット

      • 低濃度の薬剤によって安全かつ歯の白さが長く持続すること
      • 自分の好きな時に自宅にてホワイトニングできること
      • ホワイトニングの中では比較的費用が安く抑えられること
    • デメリット

      • 薬剤が低濃度であるため、効果を実感できるまでに時間がかかること
      • 1回あたりのマウスピースの装着時間が長いこと

審美治療のよくある質問

Q

セラミックは非常に硬いイメージがあるのですが、他の歯に何か悪い影響はありますか?

A

かみ合わせを調節したうえで治療を進めますので、銀歯に比べると悪影響はほとんどありません。
オールセラミックでかみ合う歯に影響が考えられる場合は、レジンを含んだハイブリッドセラミックを用いた治療を検討します。

Q

他の歯医者で銀歯をかぶせたのですが、白くすることは出来ますか?

A

すでに被せてある銀歯を取り外し、新たに製作したセラミッククラウンなどの被せ物を取り付ける治療も可能です。

Q

ホワイトニングでどの程度白くなりますか?

A

歯の着色具合や象牙質の色合いなどにより、ホワイトニングによる歯の白さには個人差があります。
場合によってはご希望の白さに達しない可能性もありますが、「どのくらいの白さをめざすのか」「どこまで白くなるのか」などを確認しながら、治療を適切に進めていきます。

Q

妊娠中や授乳中でもできますか?

A

妊婦さんやお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすというデータはありませんが、安全というデータもありません。
当クリニックでは患者様に安心していただける治療を大切にしておりますので、適応外とさせていただきます。
あらかじめご了承ください。